かえる、ジャニヲタになる。

有岡沼に溺れた智担。お金と時間と学力がほしい浪人生。

ジャニヲタ不合格体験記

 

 

大学受験失敗しましたーーー!!!!!!

 

 

 

 

人生初の大きな挫折。高校受験の時は(ギリギリではあったけど)第一志望に合格してたので、マジでショックです。どうにかなると思ってた。

 

具体的にいうと私立も国公立も全敗でした。どこにも引っかからなかった。センターコケた時点で国公立はある程度覚悟してたけど、私立は模試の判定もそこそこ良かったので尚更ショック。

 

 

というわけで、もう1年受験生を頑張ることになりました。

それで、せっかくだしなんでこんなことになっちゃったのか不合格体験記を書こうと思いました。一つは、誰かの受験の参考になればいいなぁと思ったのと、もう一つは、自分への戒めのために。もう二度と同じ想いはしたくないので。

 

実は先日セクゾ魂に行ったばかりで、その感想も書きたいな~と思ってたけど諦めて下書きに入れていたこっちを書き上げることにしました。(ちなみに2年半ぶりの現場でした)

 

 

ちなみに、最終的な私の学力の目安として

センター試験(自己採点)

国語 154/200

英語 135/200(筆記) 36/50(リスニング)

世界史B 75/100

日本史B 57/100

数学1A 71/100

数学2B 26/100

物理基礎 20/50

地学基礎 23/50

 

改めてひどさを実感している…。特に数学2Bは大問1の(1)で計算ミスしてその先に進めず悲惨なことになりました。

 

 

 

 

 

 

で、ここからが本題です。失敗した要因と思われることを書いていきたいと思います。

 

①そもそも高校に入って全然勉強をしなくなった

これがたぶん最大の理由。高校に入って満足しちゃった。

 

私の高校はめちゃめちゃ進学校で、東大京大をはじめいわゆる難関大学に毎年何十人も行くような学校でした。だから頑張って入ったわけですが、そこですぐ気が緩んでついていけなくなったんです。

得意だった国語や社会はまだしも、酷かったのが理系。数学に関しては、1年の最初のテストでいきなり欠点を取ってから負のループに陥り、ずーっと学年最下層。0点も取りました。結局そこから抜け出せずになんとか卒業だけしました。(これも学年で数人だけ引っかかった卒業課題を出してやっとでした)理科も数学ほどではなかったけどだいたい欠点でした。

文系も成績に波があって、教科によってはちょいちょい理系並みに酷かった時もありました。

 

要するに全然勉強してませんでした。1.2年のうちに勉強習慣を身につけられずに、3年まで引きずったのは痛すぎるな…と思います。2年からは塾にも通いましたが、あんまり変わりませんでした。

 

 

 

 

 

 

スマホと上手く付き合えなかった

ジャニヲタの皆さんは情報収集や友達とのやりとりのためにSNSなどスマホを駆使している方が多いかと思いますが、私の場合これが酷かった。

 

中2からスマホを持っているので、高校受験の時は大丈夫だったんですが、高校に入って今まで少数派だったスマホ勢が一気に増えて、SNSがどんどん楽しくなっていきました。

でも割とみんなはうまく使いこなしていて、テスト前になるとTwitterアンインストールしたりしてました。それでなくとも時間を決めて触ったりとかしてました。

 

私にはそれができなかった。ジャニーズを応援していると、SNSをやめると途端に情報が入ってこなくなるから覚悟ができなかったし、時間を決めても結局ダラダラ引き延ばして…って感じで、気づいたらこんな時間!みたいなことばっかりでした。意志が弱すぎる。

 

これは本当に改善しないといけない点なので、今から徐々になんとかしていきたいと思います。ロック掛けるとか親に預けるとかも一つの手だけど、最初はそれでも最終的に自分でコントロールできるようになりたいです。じゃないと将来困る。

 

 

 

 

 

 

③全体的に舐めてた節があった

実は去年のセンター同日では、国語は9割、英語も8割5分取れていました。問題の難易度の差はあれど2年の冬の方が出来が良かったんです。そして夏まではこの調子をキープできていました。

夏過ぎから、急にできなくなったんです。センター模試で今まで切ったことのない8割を切って、「え?なんで?」と思いました。特に勉強しなくなったとかじゃなくて、本当に突然に。それが何度か続きました。

だけど、問題との相性が悪かったのかな〜とか今は調子悪いのかな〜とかあまり気にせず、特に対策をすることもありませんでした。元々出来てたんだし、きっと「なんとかなる」と思ってました。

でも結局、最後まで調子が上がらなくて、結果これまでで1番悪い点数をセンターで取りました。めっちゃショックでした。去年受けてた方がよかったやん…!!!

 

それから比較的得意な英国世で受けた私立*1に関しては、「判定もいいしなんとかなるでしょ…」とかなり特徴のある英語以外あまり対策をせずに挑みました。すると英国はともかくとして、世界史で対策が疎かになっていた文化史がまるっと大問1つ分出題されて撃沈。合格最低点までわずかだったので、ちゃんと対策してれば受かっていたな…と思うととても悔しいです。

 

私は、受験において何もかも「なんとかなる」と思っていました。でも「なんとかなる」って言葉は、それに見合う努力をした人だけが使うことが許されるんだなってことがよくわかりました。

高校受験の時になんとかなったのも、それが必死に努力した「私」だったからで、「私」だからなんとかなるわけじゃないんだなって思いました。

 

 

 

 

 

とまあここまで、ほぼ精神論な反省点を書きました。

塾の自習室の空気が無理すぎて全く使わなかったとか、細々した理由はもっとあるけど大きくはそんな感じかな!

 

正直そんなことわかってるわ!って方がほとんどだと思いますが、本当に大事です!!!自分は大丈夫、と思っていても。油断すると危険です。現に私も、高校受験の時は全部出来ていました。

 

 

 

 

 

 

ヲタク活動はまあ高2と変わらないぐらいやってました。むしろいろんな人に目が向き始めたから高2より活発でした。

現場こそゼロでしたが、JUMPにもお金落とし始めたし、グッズは行ったし*2、Jr.にもハマったし、他Gも割と普通に追ってました。

 

「現場行ってないしヲタク制限してるわ〜」って自分を納得させてただけでした。とはいえ周りのヲタク友達はちゃんとジャニーズと両立させながら合格した子も多いので、圧倒的に私の追い方に問題があったよな…。

個人的にはお目当ての番組が終わった後もテレビをダラダラ見てしまうことが多かったのがダメだったと思ってます。その最たる例がvs嵐終わった後のアンビリバボー

 

 

 

 

 

 

そして私はこの4月から、通っていた大手予備校の浪人コースにお世話になることになりました。

親に負担をかけることはとても心苦しいけど、それでも10人いれば10人に「お前に宅浪は無理」と言われるタイプの人間だし、親にも「お金はいいから行け、ただしちゃんと払った分勉強しろ」と言われたので甘えることにしました。

 

ついでに志望校のレベルも引き上げることにしました。ちなみに尋常じゃないぐらい上げました(笑)親曰く「ウルトラC級のチャレンジ」だそうです。

でもチャレンジするからには合格してやりたいし、2浪も私立も私に残された道ではないので、1年間必死に頑張ります。あと早く気負いなくジャニヲタできるようになりたいしね!!!

 

 

 

どうせ1年頑張るなら、振り返った時に「浪人してよかった」とすら思えるように、勉強に限らず色んなものを得たいと思います。

 

そして今年受験生になった皆さん、もしかしたらライバルになるかもしれないけど、お互い頑張って来年サクラ咲かせましょう!!!

 

 

 

 

*1:ちなみに関関同立です

*2:DEAR.もAre You Happy?も行きました